US Aims への Slash 水素 Costs にとって Transport そして Industry by Decade's End

US Aims to Slash Hydrogen Costs for Transport and Industry by Decade’s End

を興味深く読んだ。 Hydrogen Insightの最新記事 米国がこの10年以内に、輸送機関や産業界に導入する水素のコストを大幅に削減するという野心的な計画を詳述する。 

すぐに、トリトン水素がこうした取り組みを支援する上で非常に有利な立場にあることが明らかになった。 

私たちの先駆的な技術、特にトリトネックス水素バリアコーティングシステムは、その概略的な目的とシームレスに一致している。 水素・燃料電池技術室(HFTO).水素の貯蔵と輸送の効率性、安全性、費用対効果を高めることで、トリトン水素は以下をサポートします。 米国 政府は、より持続可能で経済的に実行可能な水素インフラを推進している。

以下は、私たちがどのように彼らの目標と一致し、その目標を大幅に強化できるかを示している。

 

水素製造とディスペンサーのコスト削減

トリトネックス当社の主力製品である水素バリアコーティングシステムであるトリトネックスは、水素の透過と漏洩を効果的に防止し、水素インフラにおける最も大きなコスト要因の一つである漏洩とそれに伴う材料の劣化に対処します。2026年までに$2/kg、2031年までに$1/kgまでグリーン水素製造コストを削減するというHFTOの目標は、貯蔵・輸送システムにトリトネックスを統合することで大幅にサポートすることができます。この統合により、ロスや過剰な原料使用の必要性が最小限に抑えられ、製造コストが削減される。

インフラの効率化と長寿命化

当社の技術は、2028年までに大型車の水素コストを半減させるというHFTOの目標達成に貢献します。Tritonexは、トラックやバスのような大型輸送用途に不可欠な腐食や水素脆化を防止することで、水素輸送システムや燃料電池車の完全性と寿命を向上させます。

貯蔵・調剤技術の進歩

HFTOは、2025年までに水素ディスペンサーを平均充填速度毎分10kgに改善することを目指しており、Triton Hydrogenの材料技術のソリューションは、これらのアップグレードを促進することができます。当社のコーティングは、高スループットと高圧条件下でのディスペンサーと貯蔵システムの堅牢性と効率性を確保し、同機関の野心的なスループットと圧縮速度の目標に沿うものです。

ゼロ・エミッション車の普及支援

2035年までに公共部門でゼロ・エミッション車を導入することが連邦政府に義務付けられる中、トリトン水素の技術は極めて重要な役割を果たすことができます。自動車における水素燃料システムの安全性、効率性、費用対効果を改善することで、これらの技術の幅広い採用と信頼性をサポートし、政府や環境基準を満たすことを保証します。

サステナビリティと環境コンプライアンス

HFTOは持続可能性を重視し、環境保全に取り組んでいます。Tritonexのような当社の製品は、無毒性でREACH認証を取得し、生態系への影響を最小限に抑えるように設計されています。このコミットメントは、運転時の排出を削減し、水素技術の環境安全性を高めることで、産業や発電を含む様々な分野でのクリーン水素の応用というHFTOの目標をサポートします。

つまり、Triton Hydrogenの革新的なソリューション、特にTritonex Hydrogen Barrier Coating Systemは、コスト削減、効率向上、そして様々なセクターにおける水素技術の持続可能な拡大を支援するというHFTOの戦略的目標に直接合致しているのです。 

トリトン水素と提携することにより、HFTOとすべての  関係する企業は、最先端のナノテクノロジーを活用してこれらの野心的な目標の達成を早め、より持続可能で経済的に実行可能な水素エコシステムを育成することができる。

(バナー写真:ジェニファー・M・グランホルム米エネルギー省長官)